特4などのかにのランク付けの意味

知っていますか?かにのランク付けの意味

かにには3特ランクとか4特ランクとか、ランクがついています。
このかにのランクの基準とはどのようなことなのか説明します。

 

かには成長するにつれ脱皮をくりかえしていく生き物です。
そのため、その成長過程ごとに
1,若蟹
2,若上蟹
3,堅蟹
と呼び名を変えていいくのです。
若蟹や、若上蟹は脱皮直後で身がスカスカの蟹のため商品価値は低いです。

 

脱皮した後、成長するに従い、どんどん甲羅も固くなり、身がしまって、つまってくるようになります。

 

その中で一番いい状態のものを「一番手」と呼び、最高ランクに位置づけられます。

 

この1番蟹の中からさらに状態がいいものを3特とか4特とかにわけられるのです。
目利きの卸し業者や、販売業者が厳選しているものですから、美味しいかにに間違いはありません。

 

ちなみに、水揚げして、浜で茹でる前に死んでしまった蟹のことは、落ち蟹といいます。
訳ありかににこの特4などは当然適用されません。

 

訳なしのかに、特に毛ガニで特4とか、特3にこだわっている販売業者さんはかにまみれさんですね。
かにまみれは全面に高級毛ガニを取り扱っていることを謳っている名店です。
特4の毛ガニがたべたいときはかにまみれできまりですね。