お歳暮のマナー え!これNGなの?知っておきたいお歳暮知識

お歳暮について知っておこう

お歳暮はいつからはじまった?

お歳暮
いくつか諸説ありますが、古くは中国から伝わった「御霊祭り」と呼ばれる「神や御霊に感謝してお供え物をする」ことから始まったようです。
時代が流れ、江戸時代頃にはお世話になっている武士同士の一番偉い人に感謝をこめて送る風習あたりから、日本の文化として根付いていったように思われます。
分家から本家に、嫁ぎ先の娘から実家の御霊に感謝して、使用人から雇い主などへ1年間の無事と感謝と挨拶を込めて贈り届けられたことから定着していったようです。

 

お歳暮の時期とは

お歳暮は、かつては正月を迎えるための事始めの日、12月13日から贈る風習があったのですが、現在は12月初め頃、地方によって早い所は11月末頃位から、12月20日までに届くように相手に贈るのが一般的となっています。
年内中に届かない時は、正月の松の内と呼ばれる時期、1月6日までに「御年賀」として贈ります。
毎年お歳暮として贈っていた時などは間に合わなかったことを詫び、年明けに御年賀として伺う、又は贈らせて頂くといった内容を手紙や電話で知らせておくことが大切です。

 

お歳暮を贈る時の注意

お歳暮は本来「お供え物」です。基本は食べ物を送ることが趣旨となっています。
1年の感謝とお礼を込めて送るものがお歳暮ですから縁を切ると思われるような「刃物・はさみ」等は論外、NGです。
贈るものに迷って「現金・商品券」等を送る方も最近増えているようですが、「お金に困っている人」の意味合いになってしまい、お歳暮で贈るには本来の意味から外れてしまいます。絶対にいけません。
また、年配者や目上の方に送る際には身に着けるものは避けてください。下着・靴下・洋服などはお歳暮としては不向きです。これは相手に対して「みすぼらしい格好をしている」とか「踏みつける」という意味合いになってしまいます。年の瀬であることですから、新しい年を迎えるにあたって必要な食材やおめでたい気持ち、感謝の気持ちが感じられるものがよいでしょう。お供え物という発想からですと、お酒やビールなど、単純に考えてしまいそうですが相手の好き嫌いもあるので、よくわからない時は嗜好品はさけた方がよいでしょう。

 

お歳暮を断る時、断られた時の対処

相手との関係がお互い負担になってしまった時や疎遠になってしまったのにお歳暮が送り届けられるときは、そのまま送り返したりせず、送り届けられたものは、それはそれとしてありがたく頂戴し、その上でお礼状を付けて同等程度の贈り物をお返しして下さい。
御礼状には「今後はお気遣いのないよう、お願い申し上げます」と一筆添えることをお忘れないように。
また、立場上受け取ることができないと、返却されてしまった時などは、相手も心苦しく思っているはずなので、「心なくお送りしてしまい、申し訳ございませんでした。」とお詫びのお手紙をだすようにしましょう。昨今は、お歳暮も賄賂として受け止められてしまうことも多々。
相手の立場も考えてお歳暮期間といった時期にこだわらず、配慮する心配りも必要です。

 

お歳暮で人気の商品

楽天や、百貨店のHPをみても、定番ギフトとしてかにはやっぱり人気がありますね。
その他の人気商品としては、
ハム、スイーツ、ビール、高級和牛、バームクーヘン、島屋のギフトカタログなどなどです。
やっぱり海鮮ものの中でも蟹は贈答用としてもダントツで人気があるようです。