内祝い(出産・結婚)の基本マナー、贈る時期とおすすめの食べ物

内祝いの時期

内祝い マナー 御返し
内祝いを贈る時期としてはお宮参りの前後がベストだと言われています。そのため大体生後30日前後になることと思います。

 

内祝いの相場

頂いた金額や品物の金額の半返しが基本です。1万円以上のものを頂いたときは3分の1程度とも言われているので、大体3分の1〜半分が目安として踏まえておきましょう。
もしも海外にお住まいの方から出産祝いを頂いた際は、郵送代を含めると高くなってしまいますよね。反対に気を遣わせてしまうこともあるので郵送代を含めて3分の1から半分くらいの金額になるようにしましょう。

 

熨斗(のし)について

熨斗はルールが難しいですよね。命名披露も兼ねて生まれた子供の名前で名入れします。ふりがなを振っておくのも良いですね。
表書きは「出産内祝」「内祝」とし、水引は蝶結びが基本となっています。
内のしか外のしかですが、宅配便などで贈るときには傷つかないように内のしにする方が良いでしょう。内祝いは控えめな表現にしたいので、基本的には内のしが多いようです。

 

おためし返しって?

関西や近畿地方では「おためし返し」という風習があります。出産や結婚などで頂いたお祝いのお金の一割を「おため紙」という半紙に包んでその場でお渡しします。これは慶びごとかうつりますように、という意味が込められています。いわば「お車代」と同じようなものなので、別で内祝いをする必要があるのです。

 

少額のお祝いを頂いたときは?

第二子、第三子の出産祝いになると第一子よりも少ない金額のお祝いを頂く事もあります。もしも1000円以下のようなものを頂いたとき、仮に「お返しはいらないから」と言われた場合でも感謝の手紙くらいはしっかりしたためましょう。

 

おすすめの食べ物

内祝いの定番と言うとバウムクーヘンではないでしょうか。最近は個包装されているものもあるので、連盟で頂いたときなどにもおすすめです。バウムクーヘンの他にもクッキーやパイ、フィナンシェなどの焼き菓子も良いですね。
また、旬のフルーツやお肉といったものも喜ばれるようです。特に高い金額のお祝いをくださった方にはおすすめですよ。